忍者ブログ
主婦の趣味と独り言綴ってます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4f1114c2.JPG
下呂から高山に北上する際、
R257のせせらぎ街道を敢えて通りました。
標高が上がるにつれ、
山の色は緑から、赤黄の割合が増え、
てっぺんの峠付近は今見ごろです。
たくさんの人が車を脇に止めて、散策したり、撮影していました。

ただし、そこが一番寒くて、
五平餅とあったかいお茶をいただいた店は、繁盛していました。

道も空いていたし、人で混雑しているわけでもなく、
数十キロも紅葉の山が続くので、
今まで見た紅葉でベストでした。
88d2b720.JPG50658f36.JPG
牛が放牧されていたり、牛小屋は沢山みかけました。
飛騨牛でしょうか。
宿でも飛騨牛のステーキをいただきました。
6ced10d6.JPG
そうこうしてる間に高山到着。
高山駅前に広がる、景観の整った古い町並み。
「ならまち」みたい。
高山ラーメンを食べました。
あっさりとしたしょうゆ味のちぢれ麺がおいしかったです。
喜多方ラーメンをふと思い出すような味でした。
f228a828.JPGf53fac42.JPGbcbd70fd.JPG

高山ローソク、漆器、木や竹の民芸品、
それからもちろん飛騨牛のお店(串焼き、牛まん、ステーキ)等、
広範囲にわたって店がひしめいていました。
6d20ad39.JPG87542131.JPG2f281497.JPG
からくり人形は下に流れている川で回る水車が動力源。
人形が箱をあけると、飛騨牛のにぎり寿司、飛騨牛と朴葉みそ、等
高山のグルメ品がかわるがわるお目見えします。

案外子どもが釘付けで、その間、「おせち用お重」を見ていましたが、
漆器は高級すぎて、手が届きませんでした。

「日本の心のふるさと」とうたわれているとおり、
のどかな田舎、なだけじゃなく、とにかく古い日本が残っているような地域で、
果物野菜、大きなきのこや、(朴葉)味噌や、飛騨牛、グルメも豊富で、楽しめました。

木が豊富なんでしょうね。
ドライブ中、大きな大きな丸太を積んだトラック、製材所、を見かけました。
路線バス停は木で出来ていて、重厚感があったし
木で出来た公衆トイレが割と多くて、トイレには困らなかった。

木の感じが、そこがまた古きよき日本なんでしょうね。 

暑くもなく寒くもなく、温度を気にせずにお土産も買えるし、秋の旅は良かったです。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
wakako
性別:
女性
自己紹介:
*古都近郊在住。
*11歳女の子と9歳男の子のお母さん。
*日々の言葉・言葉・言葉を綴っています。
*お弁当は別リンク貼っています。
最新コメント
[04/28 しの]
[04/05 しの]
[04/05 NONAME]
[12/02 akko]
[11/03 akko]
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]