忍者ブログ
主婦の趣味と独り言綴ってます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMGP3784.JPG
9月から予約していたミュージカル。
ミュージカルなんて普段見に行かないもの。
予約とかも面倒だし。

でも「アンデルセン」だけは私ははずせなくて。
子供たちも、まるでテレビを生で見ている?ように
身を乗り出して目をむきだしてみてた。

夕方バレエもあって忙しかったけど、
21時台に外食して、
帰宅したのは22時半過ぎ。

娘は外食中椅子でダウンzzz。
今朝起きられるか心配だったけど
何とか7時過ぎに起きてきてあくびしてたけど
元気に登園しました。

<アンデルセンがはずせない分け。>
3月にAM NHKラジオ「おはなしのたび」で聞いた
「ひなぎく」が良かったから。
昨日は人魚姫や親指姫、みにくいアヒルの子、裸の王様
等、有名なお話が生まれたわけが
歌、踊り、バレエまじりで演じられました。
みんな知ってる「人魚姫」はじめ、「ひなぎく」とか切ないお話も多いアンデルセン。
弱いものみにくいものを取り扱ったり、
人間の本質(例えば裸の王様)をあばいたり、純愛とか。
「大切なのは真心だ」と。
「ひなぎく」のことを思い出すと、
波立った心も、平らに落ち着くわけです。
心温まるお話の王様だわ。
子供の頃も、童話大好きでした。
好きなお話や挿絵、歌、
そういうのは大人になっても忘れないね。

 
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
劇団四季アンデルセン 
いま、ちょうど図書館でアンデルセンの本借りてるところ。「ひなぎく」は残念ながら載ってなかったけど・・・。
小さい頃に出会ったものって忘れない。わたしも、母と兄と「劇団飛行船」の人形劇(人形かぶってミュージカル風)を年に1回とか出かけてたけど、歌は今でも口ずさめる。風邪をひいたら枕元で、その劇のテープを何回も何回も聞いてたなあ。
maru 2009/10/28(Wed)12:00:25 EDIT
劇団四季アンデルセン 
☆maruへ
初コメありがとう!
見ててくれたのね。
もうすぐ臨月だよね。順調?

「劇団飛行船」てあった?
私は「こども劇場」で観劇してたな。
似たようなことしてたんだ☆

昨夜は子供に「裸の王様」読まされて、
最近は「風の又三郎」と「銀河鉄道の夜」を読んだの。
まどみちおさんの「全ての時間を花束にして」も。
児童文学づいてきたみたい。

子供の成長と共に、
自分の子供時代を振り返ってるよ。
自分の子供も、
香りなんかの「五感」、ほっとする体験の思い出をが
残るといいな。
あ、逆に「怒りすぎ」注意だわ。^^;
wakako 2009/10/29(Thu)06:10:16 EDIT
劇団四季アンデルセン 
なにしろコメントって初で・・・

できるかな?
できた・・!ってかんじで。

あ!うちもこども劇場はいってたよ~。
おはなし好き、本とともに、こういう影響があるのかな。
maru 2009/10/30(Fri)18:39:19 EDIT
Re:劇団四季アンデルセン
こどもげきじょうも行ってたなんて
今更共通点多すぎやな。
本は家に沢山あった。
今更両親に感謝や^^
今の家に童話全集は全部持ってきました。
wakako 2009/10/31 (Fri)06:11
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
wakako
性別:
女性
自己紹介:
*古都近郊在住。
*11歳女の子と9歳男の子のお母さん。
*日々の言葉・言葉・言葉を綴っています。
*お弁当は別リンク貼っています。
最新コメント
[04/28 しの]
[04/05 しの]
[04/05 NONAME]
[12/02 akko]
[11/03 akko]
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]