忍者ブログ
主婦の趣味と独り言綴ってます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28b6b620.JPG
娘は半日(2時間)×2日、私と夫は半日(2時間)
スキースクールを受けました
私と夫と娘がスクール中は、ガールスカウトの
スタッフさん方が息子を見ててくれました

スクール中、リフトにも乗りました。
92e45f87.JPG
スキー場に行って、スキーをしないのは、
海に水着で行ったのに海に入らないのと一緒のことです。
スキー場では最初は、そりや雪遊びでいいかと
思っていたけど、やっぱりスクールを受けてから
俄然来た甲斐を感じました。

しかも娘が一番上手でした。
大人は恐怖心があって力んでしまいます。
夜行で行って、団体行動で時間制約があって
疲れていたのですが、
スクールを受けてよかったです。

その代わり、体中が痛くなりました。
スクール中は膝が痛く、今は肩が筋肉痛です。

本当に余談ですが、(スキー初心者なので)
赤ちゃんを抱いてボードをしてる人が結構いたけど
ちょっと見ててこわかったです。

それから、よく聞く話ですが、
極端な話街で見て何とも思わない人でも
スキー・ボードできる人はメチャクチャかっこよく見えます!
68c62944.JPG

238f1a0c.JPG
雪上車
170706a5.JPG
道路(R41)とゲレンデの中にあるロッジの間を
宿泊客の荷物等、運搬に大活躍
帰りは荷物と一緒に小さい子どもたちは
乗せてもらえました

「下がブルドーザーと一緒」 って息子はすかさず観察していました
私から見ても色(青版もありました)や形がレトロで可愛いなーと思いました。

約15年ぶりのスキーでしたが、雪の結晶を見自然を満喫でき、
大草原のローラちゃんの描写と照らし合わせたりできました
団体旅行は慣れなくて疲れましたが、
冬はからっと晴天の続く太平洋側育ちの私にはとっても新鮮な旅でした。
雪国の苦労、不便さも、勿論、想像はしましたが、、
それでも「花嫁の純白」、「心を真っ白に、、」等々のように、
雪の白さは心を洗うものがありました。

そうして岐阜を南下して段々雪がなくなって、
名古屋駅前の3つの高層ビルを遠くに見ながら、
木曽三川を渡り、鈴鹿山脈に近づきながら、故郷をかすめ、
山を越えて奈良盆地にまた戻ってきました

 
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
wakako
性別:
女性
自己紹介:
*古都近郊在住。
*11歳女の子と9歳男の子のお母さん。
*日々の言葉・言葉・言葉を綴っています。
*お弁当は別リンク貼っています。
最新コメント
[04/28 しの]
[04/05 しの]
[04/05 NONAME]
[12/02 akko]
[11/03 akko]
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]